• ホーム
  • 肥満に効くと噂の「ゼニカル」の服用する前に確認したい副作用

肥満に効くと噂の「ゼニカル」の服用する前に確認したい副作用

体重計に乗っている様子

どのような薬を服用するとしても、その薬を飲むことで身体に悪い影響が出てしまうことがないか確認しておくことは非常に大切だと言えます。医薬品と副作用は切っても切れないものなので、ゼニカルを服用する場合も服用を始める前にきちんと確認しておかなければなりません。この薬はアメリカのFDA、つまりアメリカ食品医薬品局が認可している薬なので比較的安全性が高いと言われていますが、副作用が一切ないわけではありませんので、正しい情報を確認しておく必要があります。

ゼニカルを服用することの副作用としては、油斑や排泄時のガス、油分を含む便や油の排泄、排便回数の増加や脂溶性ビタミンの不足などが報告されているので、このような症状があらわれるかもしれないことを理解しておくことが大切です。これらの副作用が起こる原因としては、脂肪分解酵素に対して腸内で作用を起こすことが関係していると言えます。吸収されるはずだった脂肪分を体内に吸収させず排出させるわけですから、消化不良に近い状態を作り出していると言うことができ、その結果として胃腸に関係する症状が出るのは当然のことだと言えるでしょう。薬を飲まなくても消化不良が起こっていれば胃腸に関係した症状が出るので、それと同じような状態になっていると考えることができるはずです。

下痢や油分を含む便などの副作用は薬が正しく効いている証拠であり、いずれも症状は軽度で一過性であることがほとんどだと言えます。ゼニカルを飲み始めてから3か月以内に起こることが多く、症状が治るまでは生理用ナプキンなどで対処することが推奨されています。ガスや排便回数の増加も含めて胃腸に関係する副作用は、1週間から1か月以内に緩和されることが多いですが、人によっては6か月以上続いた例もあるので、あまりにも長く続く場合は服用を中止するべきかもしれないので医師に相談してください。

ゼニカルは脂肪分の吸収を阻害するときに、一緒に脂溶性ビタミンをカットしてしまうことがあるので、ビタミン不足になることがあります。継続してゼニカルを服用する場合はビタミンサプリメントの併用が推奨されているので、ビタミン不足が気になる場合はサプリメントを服用してください。ただし、ゼニカルと2時間の間隔を空けて服用しなければビタミンサプリメントの効果がなくなるので注意が必要です。極めて稀な副作用だと言えますが肝臓障害や腎臓障害、胆石症などの症状を引き起こすケースもあるので、ゼニカルで副作用が起こっているかもしれないと感じたときには早急に医師に相談することが大切だと言えます。

関連記事
応援してくれる人がいるから実現できる!パーソナルジムでダイエットする方法 2020年06月26日

ダイエットや減量を行うためには、脂肪燃焼効果や脂肪吸収カット効果のあるダイエット薬の力を借りることも有効だと言えますが、それだけではなく運動療法や食事療法も大切です。肥満外来を利用した場合は運動するように指示を受けるケースが多いですが、運動指導士に指導してもらったときは実践しても、家に帰るとやる気が...

ゼニカルのジェネリック薬はあるの?ジェネリック薬のメリット・デメリット 2020年05月30日

食事で摂取した脂肪分の吸収をカットしてくれる薬であるゼニカルにはジェネリック薬が存在しているので、ジェネリック品を購入することもできるはずです。どちらを購入する場合もそれぞれにメリットとデメリットがあるので、購入を検討するときにはどのような違いがあるのか認識しておくことが大切だと言えます。肥満解消効...

ゼニカルの正しい服用方法と飲むタイミング・併用禁忌されている薬 2020年05月25日

もしも肥満解消の補助薬としてゼニカルを服用するのであれば、正しい服用方法や飲むタイミング、併用禁忌されている薬についての知識を持っておくことが大切だと言えます。間違った服用方法では本来の効果を発揮することができなかったり、併用禁忌とされている薬と一緒に飲んでしまうことで危険な症状を引き起こしたりして...

ゼニカルに含まれるオーリスタットが脂肪吸収をカットする効果を生む 2020年05月23日

肥満外来ではゼニカルと呼ばれる抗肥満薬が処方されることが多く、これを服用しながら治療を進めることで、より高いダイエット効果や減量効果を発揮させるという目的があります。ゼニカルは服用することで、食事から摂取する脂肪分を最大30%カットすることができる薬であり、現在では肥満を解消する薬として認知度が高く...